様々なリスクがある風俗!まずは体験入店から始めてみませんか?

風俗を始めるには様々なリスクが伴います。まずは体験入店から始めてみませんか? - 体験入店を通じて二十歳代の女性が風俗を始める理由の年収

体験入店を通じて二十歳代の女性が風俗を始める理由の年収

現在の女性は気軽に風俗の仕事をはじめることができます。
それはやむを得えない事情もあります。
年収が低すぎるのが大きな理由です。
また体験入店というシステムがあるので自分に向いているかどうかを事前にチェックできることも風俗業へのハードルを低くしています。

今回は【体験入店を通じて二十歳代の女性が風俗を始める理由の年収】について考えてみたいと思います。
体験入店をする前に一度考えてみてはどうでしょうか?

年収が低い現代女性

ある統計によるとキャバクラを含むナイトワークの仕事をした経験がある女性は68人に一人の割合だということです。
年配の熟女も含まれているでしょうから、二十歳代に限るともっと大勢の女性がナイトワークの仕事をしていることが想像できます。
キャバクラなどは女子大生がアルバイトしているのも珍しくはないですね。
いずれにしても最近の夜の仕事へのハードルはすごく低くなってきているのは事実でしょう。
その主な原因が年収の低さです。
だから風俗の仕事を始めようとして体験入店をしてみる女性が後を絶たないのです。

国税庁が民間給与実態統計調査をした24年度の資料があります

これを見てみると二十歳代の女性の年収は右肩さがりになっています。
二十歳代前半の女性の平均年収は15年前と比較した場合には30万円程度も下がっているほどです。

二十歳代前半の女性の年収を月収ベースに換算すると186,000円となっています。
これに年金や所得税がとられますから、手取りとしては15万円前後になります。
これでは生活が厳しいです。

自由に使えるお金はほぼなくなるでしょう

手取りの15万円から家賃・保険・通信費・光熱費・食費がかかります。
自分の趣味や遊びに使えるお金などほとんどないのは当然です。
二十歳代の女性はまだまだプライベートも充実して遊びたいさかりです。
こういった平均年収では楽しみもないので風俗業の体験入店を試してみるわけです。
最初は副業でダブルワークとして勤めてみる人が多いです。