様々なリスクがある風俗!まずは体験入店から始めてみませんか?

風俗を始めるには様々なリスクが伴います。まずは体験入店から始めてみませんか? - 「体験入店」の注意点として、講習の有無を確認すること

「体験入店」の注意点として、講習の有無を確認すること

女性が風俗の仕事を見つける場合にはインターネット求人サイトで探すのが便利です。
気に入った求人が見つかった、まずは面接を受けましょう。
そして「体験入店」をすることをお薦めします。
面接を受けて合格したら、その流れで「体験入店」するシステムのお店も最近増えてきています。

ジャンルによっては事前の講習が必要な場合もあります。
そんな場合は、即日の「体験入店」はありません。
今回は【「体験入店」の注意点として、講習の有無を確認すること】のお話をいたします。

風俗の仕事は男性への性的サービスをすることが大切です

そういった性体験が少ない人も多い可能性もあります。
基本プレイの中にも実際にどういったことをすれば良いのか分からないこともあるでしょう。
とりわけ素股とかフェラチオとかは、プライベートのセックスでもしたことがない女性もいます。
受け身のセックスをしている場合は多いですね。

性体験が少ない女性に対して風俗店では「講習」が用意されています

基本的には3つのパターンがあります。
1番目はDVDを見て教えてもらう方法です。
セックスの基本的なスキル・テクニックをレクチャーしてくれるDVDがあるのです。
店舗でオリジナルで撮影しているものもありますし、市販のDVDを利用する場合もあります。

2番目は実際に店舗のスタッフを相手に行う方法です。
この場合でもマンツーマンにならずに、男性スタッフと先輩女性が入って3人で講習することが一般的です。
アダルト動画みたいにレイプまがいな行為が行われることはありません。

3番目はスタッフに口頭で教えてもらう方法です。
口頭でといっても中々イメージがわかないのでこの方法は現実的ではないでしょう。

以上のような講習があります。

店舗によっては講習制度が用意されていない店舗があります。
事前に講習制度の有無やその内容をチェックするといいでしょう。